2017年7月23日 (日)

レクサスの12月点検

Dsc_0443

クルマの12ヶ月点検に行ってきました。
http://hamlog.no.coocan.jp/mou/rx/

もう買ってから8年、そろそろ次のクルマが欲しいです。
で、写真はLC500 かな? 試乗車です。
V8 DOHC  5リットル こりゃスゲー。

試乗しますか? と勧められたけど、どうせ買えないし、やめときました。

関ハム行ってきました

関ハム行ってきました。 もう一週間経ってしまいましたけど。

でも、写真がありません。
岩見さん、メールで送ってー。

私、「作者と語ろう」で1時間半ほど時間をいただきました。
このところ仕事が忙しく、なぁーんもネタ考えずに臨みましたが、さすがに関西の皆さん
は、遠慮なく質問してくれますので、助かります。
ハムログに特化した会場で、さほど広くないので質問しやすいのかもしれません。

他県の支部大会では、質問が少ないのでこうはいきません。時間が持ちません。
パワーポイントで作りこんでいかなければなりません。

2017年6月18日 (日)

ハムログ・ユーザー登録

ユーザーリストの登録には姓の登録を必須としているのですが、名前の欄に
ハンドルだけ、コールサインだけ、ファーストネームだけの方がいます。

お名前を表示させたくない方の登録はお断りしてますので、そのような方は
気が付いたときに登録抹消しています。

そういうルールで始めたものですので、よろしくお願いします。
http://hamlog.no.coocan.jp/nagare.html

2017年6月17日 (土)

アド街ックで久喜市が放送

本日、テレビ東京のアド街ック天国で、埼玉県久喜市が紹介されました。

久喜市の自慢BEST20のうち、知らなかったのが3個ほど。 奥が深いわが街です。

http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/backnumber/20170617/

クッキー・ダンスはこちら
https://www.youtube.com/channel/UCXxUHQxFAKuKqwLEuX9PsSA/videos

2017年6月12日 (月)

関ハム行きます

今年も大阪府池田市で開催されます、「関西アマチュア無線フェスティバル」に行きます。

今年は「油井宇宙飛行士」の講演が聴けるということで、楽しみです。
http://www.jarl.gr.jp/kanham/
私の出番と被ってなかった。良かったー。

土曜の夜は宴会。 日曜はカミさんと京都観光。 毎年同じパターンです。

写真は、昨年の「TurboHAMLOG」の作者と語ろう」の様子です。
左肩に日の丸のTシャツが私。

なかなか新しいネタが少ない拙作のアプリケーションソフトです。
当日は遠慮なくご質問ください。 一方的な喋りではとても1時間半もちませんから。Img_4692_2



2017年6月 3日 (土)

Ver5.26c アップしました

Turbo HAMLOG/Win Ver5.26cをアップロードしました。
http://hamlog.no.coocan.jp/mou/index.html

これまで、コールサインを入力したときに稀にDLLエラーが発生していました。

今回、エラーが発生していると思われるルーチンをEXEファイル内に移設しましたので、
今後は発生しないと思います。たぶん。
(C言語で書いたサブルーチンをPascal言語に書き直しただけですけど。)

2017年6月 2日 (金)

久々の移動運用

本日は、土日出勤の振替の休みを取り、久々に移動運用を楽しみました。

移動場所は、埼玉県加須市 PK-埼玉県21,騎西総合公園

バンドは7MHz。 運用開始時刻は0857
ローカルコンディションも良く、計119局とQSOいただきました。
バサバサと雷ノイズもありましたが、妨害されることもなく気持ちよく運用できました。
QSOいただいた各局、有難うございました。
Dsc_0399

2017年5月21日 (日)

YAESU機のリグ制御2

CATオペレーションマニュアルを見ると、FTdx1200、FTdx3000、FTdx9000で
VFO-Aに14.250.00MHzをセットする場合、
FA14250000;  というコマンド送ります。

これが、FT-891やFT-991Aで14.250.00MHzをセットする場合は、
FA014250000;  となってしまいました。
機種によって、桁数が異なります。
そのため、FT-991が出た当初は、ハムログ上の周波数の桁がずれてしまいました。

ハムログ内部では、数字の桁数が8桁を超えるか超えないかでフラグを立て、
機種を判定することとしました。

また、FT-2000では確か、ダイヤルを回したり電波型式を変えたりすると、PCに情報を
送ってくれたのですが、その後に発表されたFT-991などでは、ソフトウエア側から情報
を取りに行かなければなりません。

これらに対し、TS-480、TS-590、TS-2000などでVFO Aの周波数を7MHzに設定
するときは、  FA00007000000;  というコマンドです。
1200MHz帯でも7MHz帯でも桁数を気にする必要がありません。
ダイヤルを回せばすぐにリグから情報が送られてきます。

昔からそうなんですが、なんでヤエスさんはリグ制御コマンドに互換性を持たさない
のでしょうね。

2017年5月20日 (土)

FT-991A

FT-991A欲しいリグなんです。
オールバンド、オールモードで、デジタルも付いてる。

FT-991との違いは、たぶん東海道新幹線 N700 と N700A の違いなんでしょうか。

ただ、混信除去機能がちょっと・・・。

ICOMのPBTに慣れてしまったので・・・。

YAESU機のリグ制御

Turbo HAMLOG/Winを、なんとかFT-991AのC4FMに対応させることができました。
http://hamlog.no.coocan.jp/mou/index.html
ご協力いただきました各局、有難うございました。

しかし、YAESUさんのCATコマンドは、あいかわらず機種ごとに違うのですね。
50MHzまでのFT-2000などと、430MHzまでのFT-991では、コマンドは同じでも、周波数
の桁数が違います。
そのため、FT-991が出た当初は、周波数の表示が一桁ずれてしまいました。
コマンドそのものは、ケンウッドと同じなのに・・・。

その点、アイコムやケンウッドは、当初から1200MHzなどの4桁を想定した周波数
の出力がなされていました。

また、アイコムやケンウッドは、ダイヤルを回したり電波型式を変えたりすると、
その情報を送ってくれるのですが、YAESU機ではアプリケーションソフトから
コマンドを送らないと周波数情報を送出してくれません。
リアルタイムに変化させるためには、コンマ数秒単位で継続してコマンドを送り
続ける必要があります。

なかなかアマチュアプログラマ泣かせな無線機メーカーです。Hi

無料ブログはココログ